住宅診断お断り物件!?

公開日:

更新日:2018/05/29

カテゴリー: 住宅診断(ホームインスペクション) | 日記


こんにちわ!ライラック不動産のサタケです。

4月に入ってホームページのアクセスが倍増して、何かまずい事書いて炎上しちゃったのかな・・?

と思って恐る恐るホームページの解析を見たら、住宅診断関連のページへのアクセスが殺到中でした。

住宅診断、いわゆるホームインスペクションへの注目が集まっているようですね。

さて、表題の「住宅診断お断り物件」もう時効だと思うので書こうと思います。

 

少し前の話になります。

私のお客様が買い付けを入れた物件が、

築30年とちょっと古かったし、

しばらく使ってなかったみたいなので、

念のために住宅診断をして、瑕疵保険をつけるご提案をしました。

お客様も「それは良いね!」ということで

売り主さん側の不動産業者にワタシ

「住宅診断して瑕疵保険つけたいんで、調査しますんでカギを貸してください」

ってお願いしたんです。

すると、何やら上司と相談するってことで、、、しばらくしてお返事が来たんですが。

こともあろうか、

 

 

「住宅診断はしないでください。万が一不具合が見つかってキャンセルリスクのあるお客さんには売れません!」

 

と言われてしまいまったんです。

売り主側は変な不動産屋さん相手ではなく、いわゆる全国ネットでコマーシャルも毎日やってるような大手さんです。

一生懸命説明して、色々文句は言ってみたものの、ぜんぜんダメ。そもそも住宅診断の意義がよくわかっていないみたいでしたが。

 

お客様も一生懸命探してやっと見つけた物件なので、仕方なく住宅診断しないことを承諾しました。

 

で、代わりにリフォーム屋さんを先に入れさせていただいてキッチリとチェックさせてもらいました。

住宅診断と言わなければあっさり承諾貰えました(笑)

でも結局、その物件は色々と不具合箇所が見つかって、なんやかんやで契約前に購入は見送る結論になりました。

 

でも、あの時ちゃんと住宅診断させてもらって、瑕疵保険に入れてれば結果も変わってきたんじゃないですかね?
不具合とはいっても、ちょっとした修繕で直せる場所でした。

・・・要は安心して購入できなかったことが問題だったんですよね。

 

”大手だから安心”みたいなコマーシャルしてる会社が、
誰のためにお仕事してるのかがよくわかる出来事でした。

ちなみに件の物件は何ヶ月かたった今もまだ売れてないみたいです。売主さんも、とんだ災難です。

 

不動産屋さんて、よくブラックだとか言われます。ワタシも最初の不動産会社に就職したときに研修で不動産会者はブラック業界だって言われてたいそう驚きました。(前いた会社はホワイトな会社でしたよ。)

効率は悪いんですが、お客様や相手方のお客様の気持ちにきちんと向き合って、嘘のない仕事をしたいものだなぁ。と、思う今日この頃でした!

 

 

 

本当はもっと書きたいことがあるけど、それこそ炎上してしまうといけないのでこれくらいにしといておきます

 

 

中古マンション・一戸建て・売買仲介・住宅診断

ライラック不動産 代表 佐竹 朋子

仙台市青葉区一番町1-2-31ー2701

TEL 022-796-7305 FAX 022-796-7306

LineID sataketomoko www.lilac-estate.jp